衛星



見上げると


視界に空の蒼さしか映らない


気づくと雲が近くに見える


浮いている


飛んでいる


解放されたそのカラダで


上も下もわからないまま


なにもかもを忘れて


この地球の周りを回る


もう一つの衛星になる







img128.jpg




スポンサーサイト

天道虫


想いが届くようにと


てんとう虫に お願いしてみる


窓に映る 切り取った時間の景色は


時が経てば変わっていくけど


それでも この想いは色あせない


指の先で ぐるぐる回った後


てんとう虫が飛び立っていく







091129_0331~01
                     (頂いた 絵)





『元気ですか』

『元気ですか』


手紙を書いてみた


誰に宛てるわけでもなく


誰かに届けばいいなと


紙飛行機にして飛ばすんだ



どこまでも飛んで行け


風に運ばれて飛んで行け



『元気ですか』


宛名のない手紙を書いてみた








img127.jpg




はにかんだ 空



はにかんだ 空に


メロンパンのような雲を トッピングして


ソーダ水に透かして 覗いてみてる



前髪を切りすぎて 少し しょげてる あの子



ブルーな気持ちを ソーダ水に溶かして


飲み干したら きっと 


メロンパンのような雲に 手が届くよ








091125_2353~01




あじさい



雨の街で見かけた


色とりどりの傘が


まるで あじさいのように見えて


潤んだ瞳で 6月を思い出してる


大切な言葉も この雨の下


水たまりの中に消えていった










091124_2324~01


キラキラ



幸せの欠片を拾い集め


誰のせいでもない人たちに


分け与えることができたなら


少しは この両手に降ってくる


幸せが こぼしていった


ためいきが減るのかな



今日もキラキラ舞っている








img126.jpg




砂の海



またひとつ


また一人


この砂の海に消えていく


いつかすべてが


埋もれて消えてしまうだろう


あなたも もう とらわれの身


砂の海が今日も


静かに鳴いている







img125.jpg





しゃぼんの星


虹色の星が


風に誘われ


この空を埋め尽くす


いつか君とふたりで


その星に行ってみたい


そうすれば なにもかもが


叶うような気がするんだ


ほら


虹色の想いが


君の夢の中まで


飛んでいった








20091121.jpg
                    (頂いた 絵)



迷子



傷ついた人がいます


ぼろぼろになった人が


鈍く光るナイフを握りしめて


なにかを消そうとしている




それは 誰かかもしれない


それは 自分かもしれない




正しい道かは 進んでみないとわからない


そんな人生の道で


明日を見つめないで


振り返って立ちつくす



その鈍く光るナイフは


光ることを忘れてしまうのが


怖いとおびえている







img124.jpg



初雪

今年初めての雪が降る


空を白い点で埋め尽くした


地上はその姿を忘れてしまい


少しの間存在を消す


敷き詰められた雪の群衆に


ただ呆然と心を奪われる


その雄大さに..




ちっぽけな僕たちは


この星の歴史に


存在し続けられるだろうか




水滴が雪に変わり


今年最初の雪が降る







091121_0133~01
                    (頂いた 絵)



白い月



泣き声が聞こえる


白い月に照らされて


かき消されていく


生まれたての想いは


誰にも気づかれないまま


私だけが知る過去になる







img122.jpg




誰だって寂しがりや



誰だって寂しがりや


一人の温もりは飽きてしまう


最初は誰も一人きり


ただ優しい温もりが欲しいだけ


そろそろ雪が降ってくるよ


寒くなりそうだから


新しい長靴を出さなきゃ








img118.jpg



生きる音



森がざわめく


三日月の夜に


ポケットに忍ばせていた


億ほどの感情が


メロディーとなって鳴り響く



生けるもの達のメロディー



それは繊細で壊れやすく


触れたら消えてしまいそうな


そんなメロディー








img120.jpg




想いの形


さまざまな想いが詰め込まれて


その形が生まれている


あなたの想いはどんな形?


胸に抱きしめるその形は


今も まだ そのままに...











091117_0153~01
                     (頂いた 絵)



命あるものすべて



ただ それだけ


ただ それだけを


望んでたにちがいない



命あるものすべて


自分で自分の命を燃やして逝きたい


燃やされるのではなく...



ただ それだけ


ただ それだけを


望んでるにちがいない








img119.jpg




深い海の蒼が目にしみて


この星を大粒のナミダで埋め尽くした




ただ 美しかったから...




このナミダを箱に入れて


深いナミダの海の底に置いてくる


いつか誰かが気づいてくれる


私がここで生きていたことを








091115_0352~01
                     (頂いた 絵)



今日も明日もこれからも


今日も明日もこれからも


ワクワクしたい ドキドキしたい


一秒一秒で楽しみたい


今やりたいことをやりたい


この気持ちを押さえられずに


間違いながらも進むんだ


この雨のように


涙を流す日もあるだろうけど


生きている実感を楽しみたいから


今日も明日もこれからも


ワクワクしていたい ドキドキしていたい









img116.jpg





見えない壁



あれは 何


見たことがないけど


なんとなくわかっている


気付かれないように


息をひそめても


側にいるんだ



見えない壁



囲まれている


当分出れそうにない










091112_0052~01




ライン



このラインを超えると


なにもかも失って


命の始まりに戻るかもしれない


そんなラインがある


それは突然現れたり


自ら探しあてたりする


だけど


いつかは超えるそのライン


また今日も誰かが超えていく








img117.jpg





心の景色


人はどこで笑って


どこで怒って


どこで悲しむんだろう


なにも わかってあげられないまま


見た目で判断するしかないけど


わからないから理解しようとする



なにも 見えなくなりそうだから見ようとする


なにも 聞こえなくなりそうだから聞こうとする



その温度が伝わってくるから


この温度が保っていられる


何年生きても たぶん


心は覗けないから







~TS360023
                    (頂いた 絵)


廃棄



新しいものを手に入れたら


古いものは捨てていく


気に入らないから


必要ないから


もう興味がないから



目に見えないものだって


心でしか わからないものだって


いつか 忘れ去られて消えていく




両手を広げて感じ取る 大切ななにかが


指の間からすり抜けていく








img115.jpg






祈り



この胸に抱きしめる


その せつない祈りは


今日も誰にも届かないまま


蜃気楼の中を さまよっている



ただ 聞いてほしい

ただ それだけ



生まれてくるナミダの音を


耳の奥が感じてる








~TS360018
                   (頂いた 絵)

しずく


一気に体温が上昇する


カラダが溶けていき


水蒸気になって漂ってる



このままだと消えてなくなりそうだ



水蒸気が作り出す しずくに


自分の感情が重なる



そのままなにもかも


忘れてしまっても...と


静かに飲み込まれていく








TS360017.jpg
(頂いた 絵)


やさしいキズ

この場面を写し取ろうと


ピントを合わせると


静かに無数の光が


記憶にキズをつけていく



僕の新しい一部となって


存在し続けるそのキズを


いつまでも忘れやしないよ



この一瞬に少し


生まれ変わったような気になるんだ








img114.jpg



空はこんなに青いのに



大切な何かを忘れて


手にしていたものも失くして


惰性で生きてく毎日で


自分を取り戻そうと もがいてる


『なのに 空はこんなに青いんだ...』


何もないこの手に何かが触れた


それはきっと大事な出来事さ


望んでいた君の大切な出会いさ








TS360013.jpg
                (頂いた 絵)



クリーム



楽しい事や


つらい事


いままでの思い出が


クリームと一緒に溶けていく


それを一気に飲み干せば


新しい自分が現れるのかな...


そんな事を考えながら


クリームの描く落書きを見ている






TS360011.jpg

                 (頂いた 絵)



小さな宇宙



心の中に広がる


小さな宇宙で


待ち合わせをしてる


来てくれるだろうか


星を手にしながら


笑う君の横顔を想像して


この小さな宇宙を漂ってる









img113.jpg




ないしょばなし



夜空の星たちは


昼間も どこへも行かず


この星と おしゃべりを


楽しんでる


聞こえないよ


静かにしないと


この星の ひそひそ話


ないしょ話








img112.jpg



もうすぐ今年も



もうすぐ今年も終わる


カレンダーが残り2枚になった


そんなに急がなくてもいいのに...


駆け抜けていく時間の中で


想い出を少し振り返ってみる


今は少しだけ時間を止めて


懐かしい時間に戻ってみる


たいした理由はないけど







img111.jpg



春になるまで




元気に飛びまわる


ミツバチの


羽音が聴こえてくる


春になるまで


この寒い空の下で


笑っていたいな


少し鼻がツンとするけど








TS360010.jpg
                (頂いた 絵)



Powered by FC2 Blog
まとめ
Copyright © jam wagon All Rights Reserved.