スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミの言葉とボクの望み



その言葉はキミの真実?



でもボクは知ってるんだ それが真実ではないことを...

それをボクが望んだとしても 永遠にその時は来ないだろう事も

だって仕方ないじゃないか いくら望んでもこの手からこぼれ落ちていくんだ



それでも...



ボクはキミの言葉に酔いしれていよう

まるでワルツを踊るように... 永遠に...







img243.jpg
                   (頂いた 詩)



スポンサーサイト

手を伸ばしたその先には...



母の胎内にいた時のように体を丸くして


目を閉じて暗闇に身を置く


何かを欲して手を伸ばしつかもうとする


今の自分には何もつかめない事を思い知らされる


夢を思い描いたあの頃は勇気ひとつでなんでも出来たはず


でも 今の自分は動き出す勇気も持たず


現在(いま)の状況に満足するフリをする








img245.jpg
                  (頂いた 詩)



この星に生まれて



夜の空に雲の帯がのびていく


なにがオキテル

なにがハジマル


そんなことは誰も望んでないのに


なにをオコス

なにをハジメル


奪われるものの苦しさは

奪うものにはわからない

幸せをつかんでいたはずなのに

一瞬にして跡形もなく消えてしまうんだ


なぜ 繰り返す

なぜ リセットしようとする


そんなに孤独になりたいか


それとも誰かが動かしてるのか

この現実を...



そこにいるのは 誰だ

出てこいよ







img244.jpg




上を向いて行こう



いつも無意識のうちに下を向いて歩いてしまう

情報を遮断してしまうように

見たくないモノ 聞きたくないコト

ボクにはそれらを受け入れるすべが解らないから

あまりにも多くの情報に

知らず知らずのうちに涙が溜まってくる

それをこぼすまいと上を見上げると


キレイな空が...


こぼすまいと思っていた涙が

静かに流れ落ちる








20101016夕日0002
                   (頂いた 詩と写真)




どうして...


確かにこの心は 思いはボクのものなのに

暗闇が包み込む

前も後ろも何もかも見えず

ただ悲しいだけ

立ち尽くすしか出来ないボク

誰もこの暗闇から助けてはくれない

わかってる!

自分から出なくちゃいけないんだ!

でも...今は...

逃れる事は出来そうにない







img242.jpg
                 (頂いた 詩)

もっと もっと


人 それぞれ 大変な事で振り回されてる毎日


両手をひろげて もっと もっと

天井をつかむくらい 雲をわしづかみするくらい

そんな気持ちで おもいっきり背伸びをして

気持ちよく 落ち着いたなら成功だ


失敗したなら 仰向けになって 寝そべって

両手をひろげて 両足をひろげて もっと もっと

大地のまねごとをして ひとつになって

空いっぱいに描くんだ 昨日見た君の笑顔を


見つめてる やさしい目で すべてが癒される


これで成功したかい?

落ち着いたかい?







img241.jpg


タンポポ



キミは『生きる』ことについて悩んでる



そんな時 枯れそうになってるタンポポを見つける

誰にも振り返ってもらう事のない

そんな 道端に咲いてるタンポポ

なんだか今の自分と重なって見えて

悲しくなってきたんだ



『泣かないでワタシは大丈夫だから』



聞こえるはずのない声が

かすんで消えてしまいそうな声が

たしかに聞こえたんだ


生きようとしている 生きる事をやめないでいる

そんな小さなタンポポでさえ...

そんな姿を見て...キミは...



そんな時 空は晴れているのに雨が...


タンポポはうれしそうに誰に言うでもなく

『ありがとう』の気持ちを込めて葉を広げる

それを見ていたキミは涙しながら

『よかったね』と心から言っていた



キミは『生きる』ことについて悩んでた



生きている事に嬉し涙を流してるんだ

その涙はタンポポに注いだこの雨のように

キミに何かを与える涙だと想いたい







img239.jpg
                  (頂いた 詩)



何度でも



その笑顔が今日も

この星を支えてるんだと

このキレイな蒼の空がそう思わせる


そのまま一瞬にしてその場所に取り込まれても

何も文句は言わないよ


手にいれたものは自分と同化するけど

手にいれられないものは交信するだけ


ありがとうって言葉を使うけど

心の底から言ったことあるかい?

さよならって言葉があるけど

使うのはさみしいよね


冷えきった手足が教えてくれる

まだ生まれてくる感情の事


お日様が昇るたびに生まれ変わるんだ

何度でも








img238.jpg



エメラルドグリーンの空と海



高くそびえ立つコンンクリートの頂で

二人近くに見える空を見上げてる

そこは一人では広すぎて二人では狭すぎる

下には大地は見えずに空と同じような海が広がる


そこには優しさのかわりに厳しさが

二人のまわりを漂っている


突然の変化に二人戸惑いながら

昨日までの生活をうらやましそうに思い出す


良い事はいつまでも続いてほしい

幸せはこの手に持ちきれないほどほしい

この身を犠牲にしてでも...ほしいのか...


言い終わるのを待たずに君は飛び降りるんだ

手に入れるために ここにはないものを手に入れるために

目で君を追いながら僕は一人ここにたたずんでいる



どうしたいんだ

どうすればいいんだ

さぁ どうするんだ







img235.jpg





Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © jam wagon All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。